脇毛の自己処理の注意点

脇毛の処理どうしよう。。(・ω・●) >  T字のカミソリでがんばって処理しています

T字のカミソリでがんばって処理しています

脇の下の毛の処理は気になり始めた頃から常にカミソリで行っています。

私は左の脇の下のムダ毛が極端に少なく、右の脇の下のムダ毛の量とはかなり異なります。
いつも剃刀で処理をしていたのですが、量が少ないということもあったので左の脇の下のムダ毛をいちど毛抜きで抜いたことがあります。 毛抜きで抜いても10分もかからないほどの量なので、ぎゅっとつねって感覚をなくし毛抜きで一生懸命抜いてみました。

お風呂上がりに行ったためばい菌などが入るという心配もなく、特に心配せずに行ったのですが翌朝腋の下の毛穴が出っ張ってしまい、とても痒みがありしかし掻いてしまうとヒリヒリと滲みるという状態になってしまいました。
おそらくばい菌が入ってしまったというわけではなく、毛抜きで抜いてしまったということで毛穴が痛んでしまったのではないかと考えられます。

どうすれば良いのかわからなかったのでとりあえずオロナインのような軟膏つけてしばらく過ごしましたが、かゆみの症状はなかなか収まらず炎症がおさまっても腋の下の毛穴が目立つ状態は続いてしまい、毛抜きで処理をしたことを非常に後悔するという結果になってしまいました。 カミソリを使わなかったのはその1回のみで、それ以外は剃刀で処理をするようにしています。

入浴中にせっけんで滑りを良くしてT字のカミソリで剃るようにしています。 テレビで見るモデルさんのように毛穴も全く見えずツルツルの脇の下にはやはり憧れがありますが、いちどトラブルがあったことがある腋の下の脱毛のためなかなか冒険ができません。