脇毛の自己処理のデメリット

脇毛の処理どうしよう。。(・ω・●) >  カミソリまけによる脇毛の黒ずみや色素沈着

カミソリまけによる脇毛の黒ずみや色素沈着

脇毛の処理をする時にカミソリを使う人もいますが、これは肌には余り良くありません。 カミソリで脇毛を剃るとすぐにまた生えてきてしまうので、ひと夏に何度も剃らなくてはいけなくなります。 女性の肌はデリケートなので何度も刺激を与えていると皮膚が薄くなったり、角質までとってしまうので肌を保護できずカミソリ負けで炎症をおこしてしまうことがあるからです

。 また度々刺激を与えていると肌が色素沈着をおこして、黒ずんできます。これは脇毛を抜いても同じ事です。一度色素沈着を起こすと、刺激を与えるのをやめてもなかなか薄くならずにきれいになるまでにかなり長い期間が必要になります。 またカミソリで剃ると、どうしても完全に脇毛を取る事ができなくて毛穴にポツポツ毛が残っているのが見えたりすることもあります。
毎年脇毛を処理し続けるよりも脇脱毛をしたほうが、肌にとってはプラスになります。脱毛しておくと刺激を与える事もなくなるので出来てしまった色素沈着も徐々に薄くなっていきます。 手を上げたときに脇が黒ずんでいて恥ずかしいと思うこともなくなります。また脇毛が伸びていて、ドキッとすることもなくなるのです。

脇の毛を脱毛しておくと毛穴が小さくなって目立たなくなってきて、脇の下もスベスベした肌になってきます。 それに脇毛がないと雑菌が減るので、夏汗をかいても嫌な臭いがしなくなるのも大きなメリットです。手入れも要らなくなるし、とても快適に過ごす事ができるようになります。